来院者の実例

実際に施術やセルフケアを受けられた方々の感想や実例をご覧下さい。

半年前からオスグッド

半年前からオスグッド

京都府 12歳 空手・陸上


整形外科での診断・・・右膝オスグッド

主訴・・・走ると痛い、階段の上り下り痛い、膝を曲げると痛い、触って痛い

右膝が半年前から痛くなり整形外科へ行くと「オスグッドです。」と言われ湿布とテーピングをされた。

よくならないので4ヶ月前から接骨院へ行き、マッサージ、電気、テーピングを2日に1回、現在も行っているとのこと。

3年程前に当院でオスグッドがよくなったIさんに聞き、すぐに来られました。

施術ベッドに寝てもらうと見てすぐわかるほど体が歪んでいます。

お母さんもびっくりされていました。

いつものように体の歪みの説明をしながら施術していきます。

半年もの間、右膝にオスグッドの痛みがありながら空手や陸上をやっていたということもあり、かなり体の歪みがあり、全身の筋肉もかなり硬く固まってしまっています。

1回の施術で四股立ちの姿勢は痛みがなくなりました。

1週間後に空手の大会があり出場したいとのことで、大会の1日前に施術の予約をされ初回の施術は終了。

 

6日後、2回目の来院

マシにはなっているがオスグッド特有のひざの下のでっぱりを押すとまだ少し痛い。

お母さんが息子さんの空手をしている姿を見ていて

「四股立ちの姿の膝が前より深く曲がっていて前よりマシになってるんだなと思ってすごくよかったです。」

「10痛かったのが今は3位になったと本人が言っています。どんだけ病院いっても痛いって言っていたのに、すごい喜んでいます。」

とおっしゃっていました。

施術後、膝下の押しての痛みはなくなりました。

 

2週間後、3回目の来院

2回目の施術以降オスグッドの痛みは無く、空手の大会も無事出場でき喜んでおられました。

今回は施術と、自分で自分の体をケアできるように家族4人で個別セルフケアを受けられました。

家族の中でお父さんの歪みがかなりありましたが自己療法をやったあと体の歪みを確認したら真っ直ぐな体になっていてみなさんびっくりされていました。

個別セルフケアの途中で息子さんが出来なかった正座も出来るようになりみなさん驚きの連続でした。

 

※これはあくまで個人の体験談であり得られる結果には個人差があります。